自然の中の違和感
今まであれ程までに触れていたのに
触れてはいけない触れられない存在へと
そうしてしまっているのは誰

すぐ傍に居たのに