食材のありがたみ

私は今回、SDGsを通して食品ロスについて取り上げようと思いました。日本では、年間2,531万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は600万トンに及びます。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量あたります。私は食品ロスを無くす取り組みをしている千葉県の館山市にあるレストランに取材しに行きました。こちらのレストランは地域の市場や食材売り場と連携して、余った食材や形が悪くて売れない食材を買い取り調理しています。余った食材でもちゃんと調理すれば立派な料理が出来上がるということを伝えたく、そのレストランの料理を撮影しました。

あなたもお腹が空いた時は、一度冷蔵庫を開けてみて、余った食材で何か作るということしてみましょう。そうすれば食品ロスも少しずつ減っていくのではないでしょうか。