みなもと

鬼原 愛佳


 

古くより受け継がれるもの、私を構成してきたもの。

 

過去とも、今とも、向き合いたい。

今までも、これからも、ずっと大切にして、

そして、まだ見ぬ誰かへと伝えていきたい。

 

 

技法:綿布(シーチング)にサイアノタイプ

 



 

 

シーチングとは、洋服の仮縫いに使われる、薄手の平織り綿布です。

私の母は、かつて服作りの仕事をしていました。

服の“もと”となる布、私の“もと”となってきた被写体。

支持体と表現をリンクさせられたらと思いました。

 

サイアノタイプとは、鉄塩の化学反応を用いた、古典的な印画技法です。

感光液を塗った支持体とネガを密着させ、紫外線で焼き付けます。

1842年、イギリスのジョン・ハーシェルによって発明されました。

青色の濃淡で表現される、光の明暗。

サイアノタイプの持つ、美しいブルーに魅力させられました

 

 


 

 

父の実家、母の実家。そして、生まれたときから身近な存在である江戸川。

 かたちのあるものも、ないものも、何時までも続くとは限りません。

だからこそ、私は遺すことが大切であると感じます。

 

今、呼吸していること、生きていること。

なぜ、そのようなことができているのでしょうか。

 

それは、生まれてからはもちろん、

その前からも脈々と受け継がれてきたものがあるからです。

これは当たり前のようでいて、奇跡だと思います。

 

当たり前なことは、なんてことのないものだからこそ、あまり目を向けられません。

どうか、あなたのなんてことのないものにも目を向けてもらえたら。

 

日常を、日々を、これからも愛していきたい。