サラリーマン

「サラリーマン」という存在は日本社会において日常のようなものだ。

当たり前であるが故に、つい見落としてしまうもの。

そのようなものが溢れるこの世の中で、私は彼らに目を向けた。