特別な風景

毎日退屈な変わり映えのしない日々を過ごしている、見るのは同じ風景だ。視線の変化は徐々になくなり、生活の感覚が麻痺して、退屈な毎日が続いていく。撮影を通じて、退屈だと思っていた生活が趣のあるものへと変化することを知った。作品の美しさや面白さを発見し、見飽きた感覚がうまれないよう抽象化を心がける、この作品で、日常の生活の環境で視線を変更したり、観察することで違う風景が発見できることを皆さんに伝えたい。