SANCTUARY

あったはずのものが無い。

なかったはずのものが在る。

数年だけでも大きく変わった。

月日が過ぎるのは早い。

 

しかし松はそうではないようだ。

周りがどんなに変わってもそこに佇んでいる。

人々を俯瞰するかのように。

 

異う時間が流れている。

 

海風か養分不足から来るのだろうか。

あらゆる松が曲がったり葉が少なくなっている。

木自体もまばらにある。

そんな松を見ていろいろなかたちをしていて面白いと思った。

肖像のようだと思った。

私は個性のある姿を写しとりたいと思った。