誰そ我

薄明かり、ぼんやりとした黄昏時。

太陽は美しく輝き地平線へと隠れ、暗い月夜が顔を出す。

 

”誰そ彼”

 

そんなぼんやりとした視界の中、あなたは誰と問うこの言葉。

 

人といる時の私、ひとりでいる時のわたし。

本当の私ってどのわたし?

 

人が綺麗だと口を揃える太陽は笑顔の私。

自分だけでは輝くことのできない月はひとりのわたし。

 

今日もぼんやりとした黄昏時の薄明かりの中問う。

 

”誰そ彼”

 

”誰そ我”

 

”私は誰”