彩色千輪

 

花火に心を奪われた。
何万人という人混みの中、体や心までも震わせる爆音。

打ち上がったその瞬間から形を変化させ続けるその様を、写真一枚で表現するには 限界がある。また時代によっても形や打ち上げ方が変化していく。 永久不変では無い、実に儚い物である。