儚い光

 

何かが始まるということは同時に終わるということ
身近な死を体験して強く思う、永遠はない
いつか終わりが来ることを知っているのに、
どうして出会ってしまうのだろう
どうして愛を感じて大切なものになっていくのだろう
けれど、終わりがこないものには始まりもない 
終わりがあるからこそ今を大切に、なるべく美しく生きようとすることができる
心から生きててよかったと思える日まで