murairena

 

 

 

 

 

 

絡まり合う線

 

 

 

 

 

 

私達は見えない”線”で繋がっていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目を閉じた

 

 

 

 

 

 

 指の先で届くのだろうか

 

 視界の色が褪せていくような感覚になった