SiO2

 

 

 

2009年に施行された再生可能エネルギー固定価格買取制度

これによって太陽光発電は我々市民と密接するものになった

現在、東京都では新築住宅へのソーラーパネル設置の義務化が検討されている

 

インフラ化するソーラーパネルは進んで受け入れるべき物なのか

ソーラーパネルの耐久年数は約20年でしかなく

その生産過程で多くの二酸化炭素を排出している

ソーラーパネルの原材料である二酸化ケイ素(SiO2)は

 金属ケイ素に製造する過程で膨大な電力を消費している

このような生産過程を辿っている物で環境を守れるのだろうか

 

現在ソーラーパネルは街と同化しつつあり

その経過を撮影することで太陽光発電を考える足掛かりにしたい

 

 

 

In 2009, Japan enacted a feed-in tariff for renewable energy.

This has brought solar power generation closer to us citizens.

Currently, the Tokyo Metropolitan Government is considering

making the installation of solar panels in new homes mandatory.

 

Should we be willing to accept solar panels becoming an infrastructure?

Solar panels have a lifespan of about 20 years and emit a lot of carbon dioxide

in the production process.

The process of manufacturing silicon dioxide (SiO2), the raw material for solar panels,

into silicon metal consumes a huge amount of electricity.

Is it possible to protect the environment with such a production process?

 

Currently, solar panels are becoming a part of the city.

By photographing the process, I hope to provide a foothold for

thinking about solar power generation.