私たちが住む街は人の目的や意思によって整えられた空間である。

景観の保持を目的とした植えられた植物は、CO2を削減する効果も考えられる。

だが、それらの管理を怠ると、人々が住む街に適さない品種が繁茂し野生化してしまう。

人間と自然が共生していくためには、私たちの手を適度に加えて、景観を保持し続けなければならない。