つくる責任 つかう責任

私たちは、数え切れないほど多くの服を選べる時代に生きている。

現在ファッション業界が直面している壁の一つが、服の「大量破棄」問題。 

 衣料品の年間供給量は、国内だけでも約29億点。そのうち破棄される量は15億点。

 そしてこの15億の多くは、一度も消費者の手に渡ることなく、廃棄処分される。

流行によって次々と服を買い換えるライフスタイルは、はたして持続可能と言えるのか。