つかう責任

 

非常に高いと言われている日本のペットボトルリサイクル率。

しかしそのうち約半分は「サーマルリサイクル」。

廃プラスチックを燃料として熱エネルギーを回収する「火力発電」である。

大量の温室効果ガスを生み出し、ボトルとして生まれ変わることのないサーマルリサイクルは「リサイクル」と呼べるのだろうか。

 

ペットボトルは便利さで時間を買っているのか、地球の時間を蝕んでいるのか。

 

自分の力ではどうにもできない大きなことのように感じるが、

なによりも私たちが無駄なものを使わないことが大切なのだ。