のびゆく鹿児島

火山と共に暮らす町

鹿児島のシンボルとも言える桜島。

錦江湾に浮かぶその山は、今現在も噴火を続ける活火山である

雄大で美しく、温泉や観光などの恩恵をもたらせてくれる桜島。

その一方で、噴火に伴い周辺地域に降灰被害を与えることも度々ある。

 

 

天気予報の後には決まって桜島上空の風向きが報じられる。

降灰時には自治体から配布される克灰袋に降り積もった灰を詰める。

桜島の近くに住む人々にとって噴火は日常の一部だ。

煩わしく思う時もあるが、自然の力はどうすることもできない。

海も、町も、桜島も共に生きてゆく。共に発展してゆく。

雄大な桜島に見守られる町、鹿児島。